留袖について

留袖とは・・・

留袖は既婚女性が着用する最も格の高い礼装と言われています。
着物の格においては第一礼装とされ、ドレスコードのイヴニングドレスに相当するものです。
黒地五つ紋の江戸褄(えどづま)模様の着物が一般的です。
本来は、長い振袖の丈を結婚後に詰めて短くしたもので、そのため留袖と言われているようです。

格の高い礼装のため結婚式などに既婚の親族の女性が身につけます。
留袖の中でも黒留袖、色留袖と分けることができ、それぞれ用途がある程度決まっていますので確認が必要です。
どちらの場合も裾には格調高い模様が染められています。

色留袖は着用場面が幅広いため、購入する方が多いようです。

留袖についてエントリー一覧

黒留袖は黒地で裾の方に模様があるのが特徴です。結婚式の場合は吉祥模様といっておめでたい模様が用いられています。例えば、鶴...

≫続きを読む

黒留袖と違い、未婚の女性でも着ることができるのが色留袖です。また黒留袖ほど格式張っておらず、紋の数などが着用の用途によっ...

≫続きを読む

一般的に新郎新婦の母親や仲人さんが黒留袖を着ることが多いでしょう。しかし、新郎新婦の親のみと限られているわけではありませ...

≫続きを読む

結婚式に留袖を着ていこうと決めた後は、購入かレンタルかの選択を迫られます。普段から着物を着る機会が多い人、着慣れている人...

≫続きを読む

留袖をレンタルするにはレンタル衣装のお店に直接出向いて申し込む方法と、インターネットや電話など通信でレンタルする方法があ...

≫続きを読む

呉服屋さんは着物を買うだけの場所と思っていませんか?意外なことに、呉服屋さんで着物をレンタルすることもできるのです。呉服...

≫続きを読む

結婚式に着る留袖、レンタルではなく買ってしまおうと思う方もいるでしょう。例えば着付けを習っていると持っていたほうが何かと...

≫続きを読む

結婚式やパーティなどハレの日に着物を着たいけれど、揃えたりお手入れの手間を考えると大変そう、と躊躇してしまいがち。そんな...

≫続きを読む

インターネット通販が主流になって久しいですが、貸衣装もインターネットでレンタルができる世の中になりました。洋服は通販で購...

≫続きを読む

留袖を着るときにもっとも気になるのが着付けでしょう。一昔前まで、着物は日本人の日常生活に根付いた衣服であり、わざわざ着付...

≫続きを読む

留袖はたたんでしまいます。着物や帯の種類によっても適したたた1日以内に留めます。着物を吊るしたら、大きな汚れや染みがない...

≫続きを読む

結婚式や披露宴のようなフォーマルな場に留袖を着て参加するのならば、格のある着物で参加するのが望ましいです。例えば鳳凰、菊...

≫続きを読む