留袖のしまい方・たたみ方

留袖のたたみ方

留袖はたたんでしまいます。着物や帯の種類によっても適したたた1日以内に留めます。
着物を吊るしたら、大きな汚れや染みがないかどうかをチェックします。また暑い日などは汗染みがついてしまうこともあるでしょう。
汗で着物が湿っていたら脱いですぐにドライヤーの温風で乾かします。そのままにしておくと変色してしまいます。
(レンタルの場合は、自分で汚れを取ろうとはせずそのまま返却します。)大きな汚れはへたに自分で落とそうとすると、かえって汚れを広げてしまい落ちなくなってしまうおそれもあるので、悉皆屋(しっかいや、着物の染み落としや染め替えなどのクリーニング)に頼みます。
1日吊るせば大きなしわは取れますが、それでも取れないしわは、当て布をしてアイロンをかけましょう。

留袖,着物,和服,保管,たたみ方,しまい方


留袖のしまい方 

留袖や訪問着など礼装用の着物は「夜着だたみ」と呼ばれる、できるだけ広げた状態でたたみます。この畳み方ならば、しわを最小限に抑えることができます。
また紋、箔、刺繍の部分には和紙を当てて保護し、畳紙(たとう、直線断ちの着物の収納に適した和紙の入れ物)に入れます。
留袖の場合の帯は袋帯ですが、これは端から端まで同幅です。二等分ずつに折って畳んでいきます。刺繍や箔があれば和紙を当てて保護します。
半衿は汚れがひどいものは外して洗い、アイロンをかけてしわをとってからしまいます。帯締めは房の乱れを整えてから収納します。
帯揚げは汗を取ってからアイロンでしわをのばし、たたんで収納します。

 

桐箪笥は湿気を防ぎ、防虫効果も高いことから、着物の収納には最適です。
ただ持っている人は少ないと思うので、普通の洋服ダンスや衣装ケースでもOKです。
その場合はせっかくの留袖に折りじわがつかないよう工夫します。一つのケースに何枚も詰め込むとしわができやすくなるので、スペースに余裕をもたせて収納しましょう。
箪笥や衣装ケースに新聞紙を敷いておくと、紙が湿気を、新聞のインクが虫の害を防いでくれます。市販の除湿剤、防虫剤を活用するのもよいでしょう。

黒留袖について
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖。黒留袖について。
色留袖について
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖。活用シーンの多い色留袖について。
結婚式 留袖
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖について
留袖レンタル
留袖のレンタルについての紹介ページ。
留袖レンタルの方法
留袖のレンタル方法について。注意点など。
呉服屋で借りる
呉服屋さんで留袖を借りる方法。
呉服屋で購入する
呉服屋さんで留袖を購入する場合のメリット、注意点など。
貸衣装屋でレンタル
貸衣装店で留袖をレンタルする場合。
インターネットで留袖レンタル
インターネットを利用して留袖をレンタルする場合。
留袖の着付け
留袖の着付について。着付の依頼など。
留袖のしまい方・たたみ方
留袖の保管方法について。
留袖を着ている時の注意点
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖を着ている時の注意点。